「ほっ」と。キャンペーン

更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi
発売されたことがうれしくてしかたない、キルケニーのドラフト缶です。

ドラフト缶の泡の具合って、さすがにお店に比べてしまうと残念な感じですが、でもこのイベント感が好きです。
まぁまぁきめの細かい泡ですし、とにかく楽しい気分になりませんか?

でもほんと、ドラフト缶のアイリッシュレッドエールが290円くらいで近所のスーパーで買えるなんて、すごいことですよね。
ちょっとした「家飲み革命」が起きたくらいの感覚です。
b0045135_2091333.jpg

モルトの甘みと、やさしいけど適度に感じる苦味が、また次の一口を誘うんですよねぇ。。


そんなに個性的なわけでもなく、でもなかなかのレベルの高さを感じさせるという、この「おいしいのに邪魔しない感じ」が良いと思うのです。
[PR]
# by 237takeshi | 2008-07-09 20:15 | イギリス・アイルランドのビール

ロンドンプライド

もう1ヶ月くらい前になりますが、西麻布交差点からちょっと行ったとこにあるHelmsdaleでロンドンプライドを飲みました。
b0045135_2351792.jpg

やっぱりイギリスのエールはしみじみおいしいですね。
値段は¥1,000/pintでした。

お店情報はこちらをチェックして下さい。

この日は結構飲んだ日でして、友人と六本木にて待ち合わせ→キルケニー缶をコップにキレイに注いでそれを飲みつつHelmsdaleまで移動→Helmsdaleでビール→成城石井selectでエーデルワイスを購入&飲みながら六本木へ移動→ベールオーブでビール・・・

我ながらよく頑張った!
[PR]
# by 237takeshi | 2008-07-08 23:10 | イギリス・アイルランドのビール

King Fisher Strong

ちょっと変な写真ですが。
キングフィッシャーのストロングというのを見つけたので飲んでみました。
b0045135_23544100.jpg

場所は、ニューデリー。インディラ・ガンディー空港のロビーにて。
50ルピーくらいだったはずだから、140円くらいですかね。

ストロングというわりに、色は淡い褐色で、甘味がつよめで苦味はそれほどでもなく。
総じて飲みやすい系でした。アルコールは、8%だったかな。
そこそこおいしい。
[PR]
# by 237takeshi | 2008-01-19 23:54 | その他アジアのビール
さてさて最近はスタロプラメンを中心にチェコビールを飲む機会が増えておりますが、新しいのも飲んでみようということで、1本入手。

ボヘミアレゲントのプレミアムです。
このビールは南ボヘミアのビールで、チェコビールらしく他にもダークなど複数のスタイルが存在します。

b0045135_15161357.jpg


香りが良いですね。チェコビールの上品なホップ香です。
ボディはそこそこしっかりめ、じわっと甘く、苦味は主張しすぎない。

スタロプラメンといい、このあたりのチェコビールを飲むと落ち着くような、ほっとする感じがします。


問題は値段ですね。
これを日本で飲めようにしてくれている輸入業者さんには感謝せずにはいられないですが、小売でこの値段ですから、この費用に匹敵する満足度という意味ではちょっとなぁ。。


・価格(参考):¥700
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
[PR]
# by 237takeshi | 2007-12-02 15:23 | チェコのビール
ついに最終回です。
今回はタイで飲める外国産ビールについてレポートします。
タイ初心者の身としては、タイでは外国産ビールはそう飲めないものなんだろうと
タカをくくっておりましたが・・・

まぁなんと豊富な種類のビールが飲めること!


日本のようにとはいきませんが、それでもベルギービールからドイツ、イギリス系も含め、
スーパードライに至るまで、あらゆるビールが売られておりました。

もちろん、ショッピングモール内のスーパーなどで見かけることがほとんどですから、お値段のほうは覚悟しないといけません。
舶来品ということで、日本で買う輸入ビールよりも高いくらいの印象でした。
(例:シメイレッドが250バーツ。これってシンハーの10倍??)

日本でも飲めるだろうということで、あまり買い求めたりはしなかったのですが、それでも飲んでみたものとしては・・・

外国の銘柄としては一番代表的な印象のハイネケン。島で。
b0045135_15172771.jpg


次に、これも一般的。ドラフトもたまに見かけるタイガー。
b0045135_15181280.jpg


ちょっとめずらしいところでパウラーナーのヘフェヴァイスの缶。
b0045135_1519239.jpg

スーパーで119バーツ。味はもちろん良かったです。


お店で飲むほうも、さすがはバンコク、パブが結構あるだけに充実しておりました。
ギネス、キルケニーはパブに行けば大抵置いてるようで、金額はパイントで200バーツ弱くらいでしょうか。

私がパブで飲んだのは、こちら。
b0045135_1521598.jpg

ジョンスミスをパイントで。確かスクンビットソイナナ近くのパブで195バーツくらい。
いえいえ、健全な夜遊びの範疇ですって。あくまでビール目当てですからね。

ジョンスミスなんかもそうですが、日本ではお目にかかれない外国産ドラフトが飲めるっていうのはちょっとうれしいですね。
アソークあたりのブラックスワンというイングリッシュパブにも、何やら日本で飲めないようなエールを置いてるように見えたので、次回の宿題となりました。


という訳でタイで飲んだビールを駆け足でおさらいしました。
訪タイから時間もたって今さらレポートをしてますが、まぁこんなに居心地の良さを感じた国は
他にありません。もちろん、一週間程度の滞在で感じることなんてたかがしれてますが、それでも大変楽しく過ごして参りました。また3月くらいに行こうと思ってます。


最後に、「タイで一番高いビール」をご紹介して今回の特別企画はおしまいです。
観光客ゆえはずせなかったステートタワーのバーで。地上63階でオープンエアですよ。
b0045135_15322815.jpg

コロナがいつもよりおいしい笑

でもコロナなのに412バーツ(税サ込)・・・

この日は夜になって急に雨が降り、念のためホテルに電話を入れてみるとやはりオープンエアのSky Barは「クローズ」とのことだったんですが、折角だから64階のDistil Barに行ってみようと出かけてみると、飲んでるうちに雨がやんでるじゃないですか!

おかげでDistil BarからSky Barへ移動し、両方で素敵な景色を堪能できました。
b0045135_15363850.jpg
b0045135_15364678.jpg

シャンパーニュはノンヴィンテージでも1500バーツ/グラスで、税金とサービスチャージが別途かかっちゃいます。
今振り返ると、無理してたなって思います。
b0045135_1536562.jpg

Sky Bar(63階)のカウンターから64階を見上げたところ。

b0045135_1537635.jpg

多摩川。




じゃなくてチャオプラヤ川。


おしまい
[PR]
# by 237takeshi | 2007-10-08 15:40 | ┗タイでビール
さて今回はタイで飲んだ地ビールということなのですが、
タイに行く前に、大いなる疑問を抱いておりました。

そもそもタイで自家醸造とかやってるんだろうか??


タイ初心者が勝手に思うところでは、まだまだタイで飲めるビールの
種類も限られていて、自家醸造なんかもしてないんだろうというのが
当初の考えだったのですが、そんなことはない、実はあるんですね。


ガイドブックなどでも見つかるお店として有名そうなのが、バンコク中心部から
ちょっと南下したところにあるタワンデーン。ここはドイツ系を飲ませる店で、
あともう一軒が、今回チェックしてみたロンドナーブリューパブ(Londoner Brewpub)です。
場所はスクンビットソイ33で、通りに面したビルの地下1階だったと思います。

クローズ間際に駆け込んで、お目当てのビールをオーダー。

まずはピルスナースタイルです。
b0045135_14492340.jpg

結構やさしい味で、ピリッと苦味が強い・・・という訳ではないです。飲みやすい。

そして、ビターも。
b0045135_14511344.jpg

こちらもバランスが良くておいしかったです。

値段はパイントで120バーツぐらいだったような気が・・・。
コースターに、それぞれのビールについての説明が書いてありました。
b0045135_14524365.jpg



閉店間際だったからか、ビールだけ頼んでウダウダしていると、店員さんがカノム(お菓子)をくれました。自分の出身地を説明してくれようとするのですが、私も相当酔っていてあまり記憶がありません。


次回の訪タイの際には、もう2軒ほどまわってみたいです。


だんだんやっつけ仕事になってきましたが、最終回は「タイで飲める外国のビール」です~
[PR]
# by 237takeshi | 2007-10-08 14:55 | ┗タイでビール
で、今回はタイのドラフトビール事情(特にタイ国産)ということで。

タイというと(といっても今回はバンコクだけみたいなもんですが)、よく「なかなかドラフトにはお目にかかれない」みたいな話を聞きますよね。
実感としては、「確かにそうかもしれないけど、まぁ全然ない訳でもないんですね」といった印象でした。
「もうほんとにどこ行っても飲めないんじゃないか」くらいの覚悟でしたからね。

とは言え、ドラフトで飲めるタイ国産の話となると、結構難しいみたいですね。
ハイネケンやタイガーなんかを見かけることがどちらかというと多いような気がしました。

そして結局、国産でドラフトをいただいたのはシンハーのみ。
b0045135_18581635.jpg

カオサン通りのビアバーで50バーツ。結構な値段です。


シンハーのドラフトはそれなりに見つけやすいですが、他は厳しそうですね。
チャンのドラフトもどこかで見かけたのですが、記録も記憶もあいまいで。。


今回は以上です。

という具合では情報も画像も少ないので、他の画像なども載せておきます。

まずは、プラトゥナムあたりの有名なカオマンガイ屋さんで。
いつ通りかかってもほぼ満席でした。30バーツ。
b0045135_194730.jpg


次は、トンローのスパゲッティハウスのカオパットタレー。180バーツ。
b0045135_196763.jpg


あとは、パタヤから船に乗って、
b0045135_1965179.jpg


島のビーチでのんびりしてきました。
b0045135_1972998.jpg


最高の瞬間。
チャンは大瓶で100バーツ。
b0045135_1984689.jpg



次回はタイの地ビールにします。
[PR]
# by 237takeshi | 2007-09-12 19:08 | ┗タイでビール
2007年8月にタイに行ってきました!
バンコクを中心にちょっとパタヤに足を伸ばしたくらいの旅ですが、
せっかくだからタイで飲んだビールを紹介しちゃいます。

第1回である今回は、タイの国産ビールをまとめてご紹介です。
記録のある限り、飲んだ感想、購入金額やアルコール度数などの情報も書いてみようと思います。


まずは、チャンビールです。
b0045135_11455770.jpg

ラチャダムリ通りのBig Cで20バーツくらいだったかな?
苦味は強くなく、飲みやすいですね。


チャンビールといえば、さらにドラフトとライトもあります。
3つ並べるとこんな具合です。
b0045135_11495574.jpg

壮観ですね。買ったのはセントラルワールドのZenのスーパーだったかな?どれも20バーツ前後でした。
ドラフトは若干軽い印象です。


ライトもやっているビールといえば、シンハーのライトも飲みました。
b0045135_11525545.jpg

これはBig Cで17バーツ。普通のは25バーツだったから、結構安いですね。
個人的にはやはりシンハーのほうがしっかりめで好きですが、ガーッと飲む分にはこれもアリでしょうか。


「軽くて安い・・・」といえばさらに色んな銘柄があります。
例えば、タイビア(Big Cで17バーツ)
b0045135_11555677.jpg

アルコール度数が高め(6.5%)で、ちょっとバランス悪いかなぁ。

他には、ビアリオ。
b0045135_11573595.jpg

リオも同様の印象です。

そんな中でもおいしいなと思ったのが、チアーズです。
b0045135_1158364.jpg

軽いんだけど水っぽくなくて、まろやかでスムース。あえて言えばプライムタイムを思い起こさせるような印象です。


他には、日本でも良く見るものとまったく見ないものとして、
b0045135_1215824.jpg

左からレッドホース、プーケット、クロスターです。
レッドホースは大瓶で35バーツ。味はなかなかしっかりめで悪くないです。
プーケットとクロスターは日本でもお馴染みですね。
クロスターが32バーツでプーケットが49バーツでしたから、この2つはかなりの高級ビールなんですね。


で、肝心のシンハーが全然登場しませんが、写真があまり残ってないんですよ・・・。
何度となく飲んでたんですが。。
一応あった写真は、これ。
b0045135_1263418.jpg

島のビーチで飲んだもので、海の家的なとこで買って大瓶で120バーツ。
高かったけど、ロケーションも考えると最高でした。
このビーチで飲んだビールの話はまた別の機会に。


次回はタイ国産のドラフトをちょっとご紹介する予定です。
[PR]
# by 237takeshi | 2007-09-08 12:08 | ┗タイでビール

特別企画の目次です


「東京ビールハンター」では、基本的に都内(いや、国内?)で飲んだ
ビールの紹介が中心なのですが、たまには趣向を変えてみようと
あれこれ画策しております。

以下にあげるのが特別企画の数々・・・と言いたいところではありますが、
今のところは「タイでビールを飲んできた!」編のみで勘弁して下さい。


今後どんな企画が飛び出すかはお楽しみというとこで、要チェックですよ~。


タイでビールを飲んできた(全4件)
[PR]
# by 237takeshi | 2007-09-01 14:17 | 特別企画

ビアラオ ダーク

しばらくバタバタしてましたが、やっと時間が取れました。
今回はラオスのビアラオダークです。

ビアラオというと、TBHでもすでにご紹介していますね。
その記事の中で、「ダーク、ライトがあるらしい」と書いていましたが、今回こうしてダークをご紹介する機会を得ることができました。


ここで、このビールの入手の経緯について触れたいのですが、なんと今回、輸入元である
アガール・アガール貿易さまからサンプルを送っていただくという非常にありがたい
オファーをいただいてしまいました!
もともとビアラオには好印象を持っていただけに、二つ返事でお願いしてしまいました笑

というわけでビアラオダークがどーん。
b0045135_1234418.jpg

なんと6本も。ありがとうございまーす!


そして、飲んでみました(グラスはさすがにないのでビンタンのジョッキで)。
b0045135_124265.jpg

まず、見た目は淡い褐色で、いわゆる濃色ラガーの中ではそれほど濃い部類には入らないだろうということが推測できますね。
香りは通常のビアラオ同様爽やかなホップの香りに加えダークならではのロースト感が加わっています。これはそそりますねぇ。

飲んでみると、適度な甘さ、苦味があり、何よりボディが重過ぎず軽すぎずなところが良いです。このあたりは、通常のビアラオでも感じた部分ですが、ダークについてもバランスの良さは保たれていると思います。


総じて、バランスの良いビールでした。
アジアのビールということを考えると、どうも薄いビールをイメージする向きもあるでしょうが、適度な「飲ませる感」もあって、ビール単独でも食事と一緒でも飲めるビールだと思います。


アジアのスタウトというとスリランカのライオンが大変有名で確固たる地位を気づいている現状にあり、一方で濃色ラガーというと日本ではサンミゲルダークあたりが比較的目立っておりますが、ビアラオも濃色ラガーの代表的銘柄としての地位を狙えるポテンシャルを持っていることが十分わかりました。


正直、公共性ゼロのこんなブログであっても、サンプルをもらうと正直に書けないかなぁと心配していたのですが、個人的にもともと印象の良いビアラオだったので、ダークもおいしくてほっとしてたりもします笑




このビール、通販でも入手可能です。興味があればのアガール・アガール貿易さんのサイトをご覧ください。
Tシャツも売ってますよ~。

・価格(参考):¥249(12本で¥2992を1本あたりとして)
・アルコール度数:約6.5%
・内容量:330ml
・輸入者:アガール・アガール貿易
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(なかなかのバランスでした。日常ビールには良いでしょう)



・・・という訳で、アガール・アガール貿易さま、ありがとうございました!
そして、今後更新頻度をあげていこうと思っている東京ビールハンターとしては、輸入元、製造元の皆様からのサンプルのご提供を心よりお待ちしております笑

素人視点ですが精一杯ビールの感想をご報告したいと思っています!

あまりに更新が遅いので・・・
[PR]
# by 237takeshi | 2007-08-17 12:16 | その他アジアのビール
この週末から6月にかけて、都内ではビール関連のイベントが目白押しです。

以下に簡単にご紹介!


ビアフェス2007
[主催]大手ビールメーカー5社
[日程]5月24日(木)~5月27日(日)
[場所]六本木ヒルズ
[注目]大手メーカーの代表的銘柄の生ビールを飲み比べることができる!
    アサヒ熟撰、キリンブラウマイスターあたりの生はちょっと珍しいのでは?
公式サイトはこちら


ジャーマンフェスト2007
[主催]日本オクトーバーフェスト推進協議会
[日程]5月25日(金)~6月3日(日)
[場所]日比谷公園
[注目]ドイツ産に加え横浜ビール、富士桜高原が飲めるらしい。
公式サイトはこちら


地ビールを楽しむ会
[主催]全国地ビール醸造者協議会
[日程]6月2日(土)
[場所]ニュートーキヨー第一田町ビル店
[注目]全国各地の地ビールが楽しめる。
公式サイトはこちら


ビアフェス2007in東京(ジャパン・ビアフェスティバル2007)
[主催]日本地ビール協会
[日程]6月16日(土)~6月17日(日)
[場所]恵比寿ガーデンホール
[注目]日本の地ビールだけでなくアジアなど海外のビールも飲める。
公式サイトはこちら



イベントにより、入場自由なもの、参加にチケットの購入が必要なものに分かれています。
詳細については各公式サイトをご確認ください。
[PR]
# by 237takeshi | 2007-05-24 18:31 | イベント関連
少し前の話ですが・・・

やはり現場が良い!ということで、「多摩の恵」でおなじみの石川酒造をたずねてみました。


場所は福生市。最寄り駅は拝島で、歩いてもなんとか15分くらいで着くと思います。

中に入ると・・・随分と綺麗にしてますねぇ。
イルミネーションなんかもついて、いい雰囲気になってます。

b0045135_21271059.jpg

この日置いていたのは4種類のビール。
【左からベルジャンウィット(限定)、ピルスナー、ミュンヒナー、ペールエール】

どれもおいしかったですが、やっぱりここのペールエールはおいしいですねぇ。

料理はイタリアン中心で、たとえビールを飲まなくても十分楽しめるくらいです。
結構な混雑具合だったのも納得、納得。


もう少し暖かくなったらテラス席を利用してみたいです。


福生のビール小屋(石川酒造内)

住所:東京都福生市熊川一番地
営業時間:11時30分~21時(夏季22時迄)
定休日:火曜日(夏季は無休らしいです)
TEL/FAX:042-553-0171
公式サイト
[PR]
# by 237takeshi | 2006-11-27 21:37 | お店レポート

オタルラガー

こんばんは。今回は北海道の地ビールということで、北海道麦酒さんのオタルラガーです。



b0045135_23354056.jpg見た目は淡い黄金色。標準的な淡色ラガーって感じでしょうか。

ホップは華やかな感じに香って、モルトっぽさもあるほうかと思います。


苦みが思いのほか弱めで、ボディもちょっと軽いほうでしょうか。
ほのかに甘く、すっきりした感じなので淡色ラガーの中でも飲みやすいやさしいビールだなぁという印象でございました。




・価格(参考):¥400くらいかな?
・アルコール度数:約4.5%
・内容量:330ml
・製造者:北海道麦酒
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(飲みやすい。やさしいお味。)


次は・・・グリムベルゲンのどれかにしようと思います!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-11-14 23:43 | 日本のビール

バルティカ No.6

ロシアのビールを忘れてたなぁということで、バルティカを飲んでみました。
いろいろと種類があるバルティカですが、これはポーターです。

b0045135_21491868.jpg色はかなり濃いですねぇ。

ロースト感がしっかりめで香ばしさが強いです。
ボディも、割と強めです。飲みごたえはなかなか。

アルコールがちょっと強めでして、飲み続けてるとじわじわ効いてきます。

少量飲んでいると結構好きな部類にも思われるビールなのですが、飲みすすめていると自分にとっては強いというか重いというか、そんな気持ちになります。

ポーターっていうとブラウンポーターを思い浮かべがちな私にとっては、むしろスタウト、フォーリンスタウトなどと呼ばれるスタイルのように感じられるくらいです。


強いのが好きな方、是非お試し下さい。



・価格(参考):¥450
・アルコール度数:約7%
・内容量:500ml
・輸入者:池光エンタープライズ
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(ちょっと強すぎかもしれません。元気がありあまってる冬の日にでも。)


次回は・・・多分オタルラガーにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-11-06 22:03 | その他ヨーロッパのビール
こんばんは。
今回は韓国のビール再びということで、ハイトのプライムをご紹介です。
(TBH韓国一発目は、こちら。)

このビールは麦芽・ホップ・水以外の原料を使用していない所謂プレミアムビールで、
アメリカンピルスナー系が好まれているという印象のある韓国ビールにおいては少々珍しい部類に入るのではないかと思われます。

b0045135_22555782.jpgそんな訳で飲んでみました。
缶のデザイン、結構嫌いじゃありません。

香りは・・・確かにモルトがちょっと香ってくるような。
ホップ香はそこまで印象的ではありませんでした。

口に含むと、適度な苦みが心地よいですが、思いのほかボディが軽めですね。

確かに副原料を使っていないビールの味がするのですが、それでもかなり飲みやすく仕上がっているように思います。
例えば、ドイツビールならベックスあたりを思い出すような感じでしょうか。



自分の好みからはもうちょっとしっかりめの味でもいいんじゃないかとも思うのですが、プレミアム系でもこれくらいの飲みやすいものに仕上がっているあたりが韓国の食習慣やお酒の飲み方などにマッチしているっていうことなんでしょうか。

韓国のビール事情についても、機会があればもっと掘り下げていかなければいけませんね。



・価格(参考):¥150
・アルコール度数:約4.5%
・内容量:350ml
・輸入者:やまや
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)


次回は・・・バルティカの6にします!

おまけ
[PR]
# by 237takeshi | 2006-10-23 23:12 | その他アジアのビール

テトレーズ(Tetley's)

今回は久しぶりにイギリスのビールということで、テトレーズのイングリッシュエールです。
ちなみにこのビール、例の窒素ガス装置付きビールです。

単純な私は、この手のビールが大好物だったりします。
なんか楽しいんだもん。


・・・と、はしゃいでいたからなのかは分かりませんが、ついついビールの量に見合わない大きなグラスに注いでしまいました。これは失敗です。

しっかし中途半端に入ると、こんなにも見た目が寂しいものなんですねぇ。
意外な大発見です笑
b0045135_0373531.jpg泡は白く、ビール自体は淡い褐色でいかにもイギリスのエールっぽい(?)ですね。
香りはモルトがふわりと香ってきます。結構甘いです。

口に含むと、甘さが強めで、苦みはごく弱いです。
ボディは軽くて、後味はほんのりとした苦みが残る程度でしょうか。

窒素ガス装置付きならではのスムースさに加え、ボディは軽めでアルコール度数も低め(3.8%)ということで、かなり飲みやすいビールだと言えます。
いくらでも入りそうです。


もう少し苦みにパンチがあってもいいかな・・・なんて思ったりもしますが、こういうビールを
日常的にごくごく飲めたら幸せでしょうねぇ。。


・価格(参考):¥473
・アルコール度数:約3.8%
・内容量:440ml
・輸入者:廣島
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(軽いけど良い。日常的に飲めたら。でも日本で買うにはちょっと高いかな。)

次回は・・・韓流再び!ということでTHE HITE Primeにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-10-14 00:51 | イギリス・アイルランドのビール
こんばんは。
今回はオランダのグロールシュ(Grolsch)です。

グロールシュはスイングトップのボトルで有名ですが、今回は普通の缶でご勘弁を。
グロールシュといえば思い出されるのは、ロンドンの街を舞台にした映画「スライディング・ドア」でしょう(私だけ?)。
グウィネス・パルトロウ演じる主人公が、バーで豪快にグロールシュをラッパ飲みしているシーンを、やけに印象深く覚えています。


b0045135_21192879.jpgそれではビールへ行きましょう。

グロールシュもスタイルは数あれど、今回は定番であるプレミアムラガーですから、見た感じはやはり普通の黄金色ですねぇ。

香りはホップ香は軽やか、そして案外とモルトがしっかり香ることに改めて気づかされます。
苦みが若干強めでボディもそこそこしっかりめなので、味わい深い、なかなか「飲ませる」感じの淡色ラガーに仕上がってます。



オランダということでなんとなくハイネケンとかぶりますが、こちらは副原料が使われておりません。
プレミアム系として、副原料を使わないラガーが流行っているこの頃ですが、さりげなくおいしいビールがここにもあったなと再認識できました。


・価格(参考):¥152(激安スーパーで。普通なら¥200は超えるか)
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:クアーズジャパン
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(どこかでいい状態で樽生で飲めたりしないかしら。。)


次回は・・・イギリスのテトリーズ(テトレーズ)にします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-10-03 21:34 | その他ヨーロッパのビール
さぁやってまいりました、今回は日本のビールといきましょう。
旭川の大雪地ビールのケラ・ピルカです。

ケラ・ピルカはアイヌ語で「おいしい」を意味するとのことです。ちらっと名前を見て、きっとピルスナースタイルなんだろうとなんとなく思っていた頃を思い出しました。

・・・「ピル」しか合ってないじゃないか。恥ずかしい。。


と言う訳で、実際のところこのビール、イギリス風のエールだったりします。
b0045135_21142194.jpg見た感じは淡い褐色で、確かに「エール」してます。

香りは、軽くシトラスを思わせるようなフルーティーな香りもあるのですが、それ以上にモルトっぽい甘い香りのほうが強いでしょうか。
甘さは控えめ、中庸な苦みがじんわり後に残るような、派手さはないけどなかなかいいお味です。


満遍なくビールを愛しているつもりの私ですが、
どの流派(?)に属するか敢えて考えるとすれば、イギリス/アイルランド派あたりになろうかと思います。
・・・その割にこのカテゴリのエントリが非常に少ないですね笑


そんな訳でこのケラ・ピルカのようなビールを飲むと、「普通(←良い意味で)」な感じがして、ほっとします。


・価格(参考):¥525
・アルコール度数:約5.0%
・内容量:330ml
・製造者:大雪地ビール
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(ほっとします。癒されました。)



次回は・・・独特なスイングトップのボトルが人気のオランダビール、グロールシュを、普通の缶入りでご紹介します!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-10-02 21:25 | 日本のビール

ハイト スタウト 

こんばんは。
今回はTBH初の韓国ビール、ハイトのスタウトです。

韓国といえばOBとハイトが有名ですよね。
ここでの初韓国ビールもやはりそのふたつのどちらかになると思っていたのですが、なぜかハイトはハイトでもスタウトからのご紹介です。

b0045135_22471614.jpgグラスは近所の酒屋で偶然ゲットしたクーパーズで。

見た目はさすがに褐色です。ただし若干淡いでしょうか。

香りも、甘さをたたえたロースト香が強い感じです。

口に含んでみると、甘さが印象的で、苦みはごくごく少なく、ボディもライトです。後味もスッキリめで、想像以上の「飲みやすい系」でした。


韓国のビールシーンは、軽いスッキリめが好まれているのかな・・・?と勝手に想像していたのですが、今回のハイトスタウトもそういった流れの延長線上にあるようです。

スタウトというともうちょっと飲みごたえのあるものを思い描いてしまいがちですが、これだけスッキリなスタウトがあるのも面白いなぁと、国によってビール事情が異なることをまたしても考えさせられる一杯でありました。


・価格(参考):¥189
・アルコール度数:約4.5%
・内容量:330ml
・輸入者:やまや
私の好み度:★★☆☆☆(5点満点)
(面白いが、普通に「黒ビール」になっている感も)


次回は・・・大雪地ビール ケラピルカにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-09-23 23:00 | その他アジアのビール
こんばんは。
今回は東急ストアで見つけたビール、ジャーマンウィンドです。
なんでも創業50周年限定醸造だとか。ご覧になれば分かる通り、サントリーが作ってるようです。

そんなわけで、早速。

b0045135_0373676.jpgやはりというべきか、普通の淡色ラガーなんですが、なにより気になったのが缶に記載されている「ドイツハラタウ産ホップ」の文字。

実際、清々しいなかなか素敵な香りでした。侮れませんね。

口に含んでみても、甘み、苦み、ボディとバランスよく調和しており、思いのほか好印象。
飛びぬけた個性はあんまりないですが、香りの良さも手伝って、安心して飲めるおいしさでした。



・価格(参考):¥216
・アルコール度数:約5%
・内容量:350ml
・製造者:サントリー
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(安心して飲める。良い。)


次回は・・・そろそろ韓流ということで(?)、ハイトのスタウトにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-09-23 00:46 | 日本のビール

キルメス

今回はアルゼンチンのキルメスです。

考えたら、南米のビールはここでは初だったりします。
ブラジル、ペルーなど、入手は困難ではないのですが、紹介しないまま時が過ぎてしまい、こうしてアルゼンチンビールが先にここに載ることになりました。

見つけたのはハナマサです。店の外から、「どうもビールらしいがあまり見かけないラベル」を見つけてしまい、思わずお店に入ってみた末の出会いでございました。
自社で輸入しているんですねぇ。

b0045135_23173451.jpg見てください、このラベル!いかにもアルゼンチンと言うべき色使いが素晴らしいですね笑

スタイルとしては普通の(アメリカン)ピルスナー系で、香りも米っぽい感じが目立ちます。

ボディはライトで苦味はごく弱く、ほの甘さが目立つ飲み安さ重視なビールでした。


ライトなピルスナーなので、じっくり飲みにはやはり難しいですが、時期も時期なので、キンキンに冷やして喉の渇きを癒す感じではいいかもしれません。





・価格(参考):¥200
・アルコール度数:約4.9%
・内容量:330ml
・輸入者:ハナマサ
私の好み度:★★☆☆☆(5点満点)



次回は・・・東急ストア限定ビール「ジャーマンウィンド」にします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-09-12 23:31 | アメリカ大陸のビール

ガッフェル ケルシュ

今回はちょっと久しぶりのドイツのビール、ガッフェルです。
ガッフェルといえばケルシュの代表的銘柄ですね。


↓いつかどこかで買っていたグラスがついに陽の目を見るこの瞬間!
b0045135_0292957.jpg
結構、ラベルデザインとか好きな感じですね。
見た目は普通にラガーを思わせるくらいの黄金色でしょうか。


香りは華やかかつフローラルな感じでちょっと特徴が出てますね。

口に含むと、甘さはあまり感じず、ちょっぴり強めでシャープな苦味が心地よいです。
ボディはライトなほうですが、水っぽさを感じる訳ではなく、若干のモルト感もあったりします。




ケルシュというとかなり繊細な味わいで、下手するとラガーに近いぐらいの「普通な」印象に感じることも多々あったり。。
ケルシュとアルトばっかりはやっぱり本場でちゃんと味わってみたいものです。


・価格(参考):¥420
・アルコール度数:約4.8%
・内容量:330ml
・輸入者:大榮産業
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)


次回は・・・ちょっと珍しそうなところで、アルゼンチンのビールにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-09-09 00:51 | ドイツのビール

チャーンビール

ちょっと時間が空きました。
暑い時期なので、今回はタイのチャーンビールです。買ったのは都内のタイ食材店。お世話になってます。

グラスは何故かスタロプラメンで。なんとなく色合いが似ている気がしまして笑
b0045135_06155.jpg
見た感じは「普通」ですね。

香りはドイツビールを思わせるホップの清々しいさが軽く香ります。
飲んでみると、苦味は控えめ、ボディも軽めでさすがの飲みやすさです。
シャープな感じはなくじわーっとほの苦い後味が残ります。

喉の渇きを癒す為の軽いビールであることは否定できませんが、薄味っぽさが前面に出るかと思いきや割と普通ねぇ・・・といった印象でございました。




・価格(参考):¥280
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:ピーケーサイアム
私の好み度:★★☆☆☆(5点満点)
(思い入れはとってもあるけど・・・。やはりタイで飲みたい!)


次回は・・・ドイツのガッフェルにします!
[PR]
# by 237takeshi | 2006-08-29 00:24 | その他アジアのビール

ネグラモデロ

ネグラモデロを飲みました。


ネグラモデロといえばメキシコのビールな訳ですが、ウィーン風ラガーの一つとしてよく紹介される銘柄ですよね。

b0045135_22324447.jpgモデロ社つながりということで、コロナの謎ジョッキで飲んでみました。

見た感じはさすがの淡褐色で、泡持ちはまぁ普通でしょうか。
香りはやはりモルトがふんわり香って甘い印象です。

飲んでみると、やはり甘味が結構しっかり出ています。苦味は控えめでボディもすっきりめなので、重たさはなくて飲みやすいビールでした。


・価格(参考):¥280
・アルコール度数:約5%
・内容量:325ml
・輸入者:日本ビール
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(それなりに特徴的で良い)


次回はビアチャーンです。チャイヨー!

夏なので
[PR]
# by 237takeshi | 2006-08-09 22:39 | アメリカ大陸のビール
先日のコゼルに続き、ウルケル生を飲みました。
場所はまたまた新宿のFrigoさんです。

b0045135_1344260.jpgグラスはJeverですが、コースターにご注目。
今回も300ml入りが¥950で、500mlだと¥1,250というお値段です。さすがに高いですが、普段飲めないものだけにまぁいいかなと。


大好きなウルケル、やはり樽生はおいしゅうございました。
(なお、過去のボトル入りウルケルのエントリはこちらです)
ボトルで飲むものよりも、若干モルトが香ばしいような印象がありました。





さらには渋谷のBelgoさんでガンブリヌスを飲むはずだったのですが、ちょっと忙しかったので今回は見送ることにしました。もったいなかったなぁ。

こうなったら、またいつかチェコに行こう。
(ガンブリヌスの過去のエントリはこちら


次こそネグラモデロをご紹介しようと思います。
[PR]
# by 237takeshi | 2006-07-26 23:57 | チェコのビール
チェコビールの樽生、やっとFrigoさんで試してきました。
以前より情報だけは得ていたのですが、そしてお店の前を通ったりもしていたのですが、やっと飲むことが出来ました~。


私がお邪魔した時に置いていたのは、コゼル2種。ピルスナー系とダークラガーです。

携帯電話での写真で恐縮ですが、こんな感じです↓
b0045135_2133454.jpg

300ml入りグラスで各¥950・・・さすがに高い!


どちらも以前に缶/瓶で試したことのあるビールで、缶/瓶と樽生、印象は正直そんなに変わるものではありませんでしたが、でもまさかチェコビールの樽生が日本で飲めるなんて。
それだけで幸せです。Frigoさんには感謝です。

→缶/瓶での印象は以下のエントリをどうぞ。
コゼル プレミアム
コゼル ダーク(チェルニー)


「このチャンス、逃せない!」と思った方、大丈夫、まだ間に合います。
もうしばらくチェコビールは扱うようで、銘柄も変わるそうです。

とりあえず系列各店で何らかのチェコビールが飲めるようにはなっているようですが、いつどこで何が飲めるのか、詳しい情報についてご興味ある方は公式サイトでご確認を。


ウルケルとガンブリヌスの樽生、絶対飲むぞー。
[PR]
# by 237takeshi | 2006-07-18 21:54 | チェコのビール
ドイツのDABを飲みました。

最近はドイツビールが気になって仕方ない日々が続いていたところ、ちょうどタイミング良く手に入ったのがこのビールでした。

b0045135_23385510.jpg見た目は若干濃い黄金色でしょうか。

香りは、「いかにもドイツ!」とでも言うべき清々しくも芳しいホップ香が素敵です。

口に含むと苦味は優しく、シャープさは感じません。甘みも感じられます。
後味にはじんわりした苦味が残り、鼻に抜ける香りにほんのり麦芽の風味があります。このあたりもこのスタイルならではかと思われます。





若干の飲み応えを持ちつつも、重たくはなくて飲みやすさを併せ持つビールでした。ちょっと地味な印象もある(失礼!)ドルトムンダーですが、ふと飲みたくなる味です。


・価格(参考):¥350
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:大榮産業
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(日常的に飲めたらうれしいです)


次回はネグラモデロの予定です。 
[PR]
# by 237takeshi | 2006-07-12 23:54 | ドイツのビール
アサヒがプレミアム系として出した、プライムタイムを飲みました。
10日くらい前に発売して、CMもガンガンやってるビールです。


購入前に手にとって気になったのが、缶側面の原材料の項目です。
「原材料:麦芽、ホップ、窒素」

窒素って、改めて原材料名で挙がってるのがなんだか興味深いですよね。

ギネスみたいに窒素ガスのカプセルでも入ってるのかと、店頭でビールを振るという不審な挙動を店員さんにたしなめられそうになったので、慌てて棚に戻し、振ってないほうを購入。


というわけでいただきました。
b0045135_23431634.jpg色は若干濃いめでしょうか。
泡持ちは良いようで、このあたりが窒素のおかげなんでしょう。

香りは、軽いモルト香が心地よく、ホップ香は控えめなような。テトナンクのホップを使っているそうなんですが、鼻炎気味の私はあまり敏感には感じられませんでした。残念。。

口に含んでみると、苦味は穏やかでむしろ甘味が目立つかというくらいです。
全体的にマイルドな印象が強く、飲みやすかったです。



・価格(参考):¥238
・アルコール度数:約5.5%
・内容量:330ml
・製造者:アサヒビール(商品サイト)
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)



次回はおそらくドルトムンダーのDABあたりになるかと思います。

それと、
[PR]
# by 237takeshi | 2006-07-07 23:50 | 日本のビール

ビアラオ

 ビール紹介第141回です。

今回もアジアのものということで、ラオスのビアラオです。
残念ながらラオスのビール事情はよく知りませんが、確かビアラオには他にダーク、ライトがあるという話を聞いたことがあります。

グラスは、レーベンブロイ。これも日常的には重宝してます。
b0045135_23423021.jpg
 色は標準的とも言うべき黄金色で、泡はそこそこ持ちのよいような様子です。

 香りについては結構良いと思います。少し華やかな感じのホップ香が好ましいです。
国産の一部のものに比べても、こちらが数段上を行くように感じるくらいの印象を持ちました。

 苦味は強くはないけれど主張していて、ボディも軽すぎず重たくもなく、バランスは良いかと思います。

 炭酸ガスは普通か、ちょっと強いくらいですかね。
おかげでちょっとした爽快感があります。




全体的にバランスの良い、なかなか飲めるビールでした。



・価格(参考):¥280
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:寮都産業
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(なかなかでした。)
 
[PR]
# by 237takeshi | 2006-03-22 23:50 | その他アジアのビール
 セント・パトリックス・デイ・パレード、行ってきましたー。

More
[PR]
# by 237takeshi | 2006-03-20 18:55 | イベント関連