更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

ガージェリー スタウトを飲みました。

ビール紹介第27回です。
今回は日本のビール、ガージェリーのスタウトをご紹介します。
ガージェリーというビール、恥ずかしながら私は今年に入ってから知りました。一部の「こだわり系」の飲食店に多く置いてある印象で、じわじわと飲めるお店が広がっているような状況です。

詳しい案内はオフィシャルサイトに譲るとして、今回はスタウトについて報告をしたいと思います。飲んだお店は銀座の某ダイニングバーです。

b0045135_23451130.jpg

まずは写真をご覧下さい。グラスがかなり個性的ですね。当ブログでも、自立できない型としてベルギーのパウエルクワックをご紹介したことがありますが、それとも違うタイプのグラスです。
写真下の四角いガラスは台座になっているので、飲むときはここからグラスを外して飲むようなスタイルになります。ここまでスタイリッシュではありませんが、木製の台座で似たような構造のビールがベルギーにありますから、そこからヒントを得たのかもしれませんね。

◆飲んでみました
さて、肝心の味ですが、スタウトなだけあって、色は黒に限りなく近い濃褐色です。
香りはロースト香もありますが、それだけではない複雑な香味も持っています。口に含むと適度な酸味に続いて苦味がしっかりと感じられ、多少炭酸ガスが効いているのでそこからサッパリした感覚になります。口に含んだ段階よりも、幾分スッキリとした後口です。後味にはほんのり甘味も残っています。
スタウトでありながら濃厚に過ぎず、薄っぺらでない軽さも持ち併せているという素晴らしいビールでした。


もう1種類であるエステラ(酵母無濾過の淡色エールタイプ)も改めてご紹介したいと思っています。
オフィシャルサイトでは取扱店の検索も可能です。
[PR]
by 237takeshi | 2004-11-21 23:53 | 日本のビール