更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

ボディントンズを飲みました

b0045135_224829100.jpgビール紹介第83回です。
今回はイギリス、マンチェスターのボディントンズ(Boddingtons)です。

飲んだ場所は恵比寿のサッカーパブ、
FooTNikです。

ボディントンズのドラフトが飲めるお店はあまり多くないので、ボディントンズな気分の時は大抵このお店でパイントグラスを傾けています。



◆飲んでみました
色は淡い褐色で、泡は白いですね。
ドラフトなので、非常に細かい泡がグラス表面を厚く覆っています。個人的にはボディントンズのグラスは他の銘柄よりもグラマラスな感じで好きです。
香りはほんのりフローラルです。

口に含んでみると、甘みがほんのり、そして苦味もそれほど強くありません。
ボディも軽めで、非常に飲みやすいです。

キルケニーと二つ並べて飲み比べたことはありませんが、こちらのほうがライトで苦味が若干弱く、さらに飲みやすく仕上がっているように思います。
キルケニーなどのスムースなビールをお好みな方なら、間違いなく気に入ってしまうでしょう。


b0045135_22564873.jpg◆自宅でもボディントンズ
以前、TBHでもギネスギネスビターマーフィーズ(惜しくも日本では販売終了)といったドラフト缶の銘柄をご紹介しましたが、このボディントンズもドラフト缶が販売されています。

写真はやまやで購入したものですが、缶のほうが苦味がちょっと強いようにも思います。

ドラフト缶のファンなら、是非とも試しておきたいところ
ですね。





・価格:¥900
・アルコール度数:4.7%
・飲んだお店:FooTnik(恵比寿)
・内容量:1パイント
・私の好み度:★★★★☆(5点満点)

※なお、ドラフト缶は440mlで¥500程度で売っています。
 輸入者:ユーロパブインポーツ
[PR]
by 237takeshi | 2005-06-06 23:08 | イギリス・アイルランドのビール