更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

独歩 マスカットピルスを飲みました

ビール紹介第87回です。
今回も岡山の独歩から、マスカットピルスをご紹介です。


b0045135_2216099.jpg◆フルーティー独歩

独歩シリーズにはドイツ系スタイルのビールが数多くラインナップされていますが、この他にも特色あるところとして、フルーツ果汁入りの製品があります。
今回ご紹介のビールはこのうちの一つであるマスカットを使用したマスカットピルスで、もう一つは桃を使ったピーチピルスです。

もうお気づきでしょうが、マスカットと桃、ともに岡山の特産品です。それでビールを造ろうという趣向とは面白いですね。



◆飲んでみました
見た目は薄黄金色ですね。
香りはふわーっとマスカットの甘いいい香りが漂ってきます。考えてみればマスカットのビールなんてありそうでそんなにないですねぇ。

味のほうはマスカット風の甘さがやはり目立ちます。さらに、ほんのり・・・というよりも若干強いくらいの苦味が中盤から後にやってきます。
ボディはごくごくライトです。若干うすっぺらさ/水っぽさを感じさせてしまうかしまわないか、そのギリギリのところで踏みとどまっています。

フルーツ風味アルコールというよりは、かろうじてビールになってはいる・・・
といったところでしょうか。


◆最後に
ところで独歩という製品名は国木田独歩からとったものだと当然のように思っていました
(そもそも国木田氏は岡山に縁があるのかすら謎・・・武蔵野のビールだったらそれっぽいけど、日本文学についてはまったく知識がないのでこれ以上続けるのはやめましょう)が、
実際は禅宗にまつわる言葉からこの名前になったそうで、ちょっと勉強になりました。
因みにドイツスタイルと「独」とを掛けている意味合いもあるらしいですよ。




・価格(参考):¥350
・アルコール度数:5.0%
・内容量:330ml
・製造者:宮下酒造
私の好み度:★★★☆☆ 
(フルーツビール多しと言えどマスカット風味なのがポイント高い)
[PR]
by 237takeshi | 2005-06-19 22:42 | 日本のビール