更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

ガンブリヌス プレミアム

こんばんは。

ビール紹介第111回、いい加減長引きすぎの勝手にチェコビールまつり、今回で終了です。
ご紹介するのはガンブリヌス プレミアム、ピルゼンのビールです。


b0045135_1822879.jpg←オリジナルグラスで。念願叶って使うことが出来ました!

香りは華やかなホップ香に加えてモルトの風味も見え隠れしています。
口に含むと甘さは控えめ、苦味は中庸で、ボディは軽めです。後味は苦味が残りつつスーッと引いてキレがよい感じです。

鼻に抜ける香りは独特のフルーティーなようなおもしろい香りです。



・価格(参考):¥750+α
・アルコール度数:約5%
・内容量:500ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★☆(5点満点)







さて、「勝手にチェコビールまつり」が終わりました。


昨今のビールブーム、今までの日本で当たり前と思われていたビールのイメージを覆すような様々な味わいを持つ、エール系のビール(ベルギー、ドイツ、日本の地ビールなど・・・)によるところが大きいと思います。

そういった点で、ラガーの持つシンプルな中でも深みのある味わいというのは、キャッチーでないというか、(本当は違いは大ありでも)違いが理解されにくいところであり、さらには鮮度の問題もありますから、どうももう一伸びしそうでしないままの現在の状態にあるんじゃないか、そんなふうに感じるわけです。


もしチェコのビールを目にする機会があれば、是非ともまずはお試しいただきたいと思います。


がんばれチェコビール!
[PR]
by 237takeshi | 2005-09-24 18:35 | チェコのビール