更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

グロールシュ プレミアムラガー

こんばんは。
今回はオランダのグロールシュ(Grolsch)です。

グロールシュはスイングトップのボトルで有名ですが、今回は普通の缶でご勘弁を。
グロールシュといえば思い出されるのは、ロンドンの街を舞台にした映画「スライディング・ドア」でしょう(私だけ?)。
グウィネス・パルトロウ演じる主人公が、バーで豪快にグロールシュをラッパ飲みしているシーンを、やけに印象深く覚えています。


b0045135_21192879.jpgそれではビールへ行きましょう。

グロールシュもスタイルは数あれど、今回は定番であるプレミアムラガーですから、見た感じはやはり普通の黄金色ですねぇ。

香りはホップ香は軽やか、そして案外とモルトがしっかり香ることに改めて気づかされます。
苦みが若干強めでボディもそこそこしっかりめなので、味わい深い、なかなか「飲ませる」感じの淡色ラガーに仕上がってます。



オランダということでなんとなくハイネケンとかぶりますが、こちらは副原料が使われておりません。
プレミアム系として、副原料を使わないラガーが流行っているこの頃ですが、さりげなくおいしいビールがここにもあったなと再認識できました。


・価格(参考):¥152(激安スーパーで。普通なら¥200は超えるか)
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:クアーズジャパン
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(どこかでいい状態で樽生で飲めたりしないかしら。。)


次回は・・・イギリスのテトリーズ(テトレーズ)にします!
[PR]
by 237takeshi | 2006-10-03 21:34 | その他ヨーロッパのビール