更新再開します。お楽しみに!


by 237takeshi

カテゴリ:チェコのビール( 11 )

さてさて最近はスタロプラメンを中心にチェコビールを飲む機会が増えておりますが、新しいのも飲んでみようということで、1本入手。

ボヘミアレゲントのプレミアムです。
このビールは南ボヘミアのビールで、チェコビールらしく他にもダークなど複数のスタイルが存在します。

b0045135_15161357.jpg


香りが良いですね。チェコビールの上品なホップ香です。
ボディはそこそこしっかりめ、じわっと甘く、苦味は主張しすぎない。

スタロプラメンといい、このあたりのチェコビールを飲むと落ち着くような、ほっとする感じがします。


問題は値段ですね。
これを日本で飲めようにしてくれている輸入業者さんには感謝せずにはいられないですが、小売でこの値段ですから、この費用に匹敵する満足度という意味ではちょっとなぁ。。


・価格(参考):¥700
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
[PR]
by 237takeshi | 2007-12-02 15:23 | チェコのビール
先日のコゼルに続き、ウルケル生を飲みました。
場所はまたまた新宿のFrigoさんです。

b0045135_1344260.jpgグラスはJeverですが、コースターにご注目。
今回も300ml入りが¥950で、500mlだと¥1,250というお値段です。さすがに高いですが、普段飲めないものだけにまぁいいかなと。


大好きなウルケル、やはり樽生はおいしゅうございました。
(なお、過去のボトル入りウルケルのエントリはこちらです)
ボトルで飲むものよりも、若干モルトが香ばしいような印象がありました。





さらには渋谷のBelgoさんでガンブリヌスを飲むはずだったのですが、ちょっと忙しかったので今回は見送ることにしました。もったいなかったなぁ。

こうなったら、またいつかチェコに行こう。
(ガンブリヌスの過去のエントリはこちら


次こそネグラモデロをご紹介しようと思います。
[PR]
by 237takeshi | 2006-07-26 23:57 | チェコのビール
チェコビールの樽生、やっとFrigoさんで試してきました。
以前より情報だけは得ていたのですが、そしてお店の前を通ったりもしていたのですが、やっと飲むことが出来ました~。


私がお邪魔した時に置いていたのは、コゼル2種。ピルスナー系とダークラガーです。

携帯電話での写真で恐縮ですが、こんな感じです↓
b0045135_2133454.jpg

300ml入りグラスで各¥950・・・さすがに高い!


どちらも以前に缶/瓶で試したことのあるビールで、缶/瓶と樽生、印象は正直そんなに変わるものではありませんでしたが、でもまさかチェコビールの樽生が日本で飲めるなんて。
それだけで幸せです。Frigoさんには感謝です。

→缶/瓶での印象は以下のエントリをどうぞ。
コゼル プレミアム
コゼル ダーク(チェルニー)


「このチャンス、逃せない!」と思った方、大丈夫、まだ間に合います。
もうしばらくチェコビールは扱うようで、銘柄も変わるそうです。

とりあえず系列各店で何らかのチェコビールが飲めるようにはなっているようですが、いつどこで何が飲めるのか、詳しい情報についてご興味ある方は公式サイトでご確認を。


ウルケルとガンブリヌスの樽生、絶対飲むぞー。
[PR]
by 237takeshi | 2006-07-18 21:54 | チェコのビール
こんばんは。

ビール紹介第111回、いい加減長引きすぎの勝手にチェコビールまつり、今回で終了です。
ご紹介するのはガンブリヌス プレミアム、ピルゼンのビールです。


b0045135_1822879.jpg←オリジナルグラスで。念願叶って使うことが出来ました!

香りは華やかなホップ香に加えてモルトの風味も見え隠れしています。
口に含むと甘さは控えめ、苦味は中庸で、ボディは軽めです。後味は苦味が残りつつスーッと引いてキレがよい感じです。

鼻に抜ける香りは独特のフルーティーなようなおもしろい香りです。



・価格(参考):¥750+α
・アルコール度数:約5%
・内容量:500ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★☆(5点満点)

まつりを終えて。
[PR]
by 237takeshi | 2005-09-24 18:35 | チェコのビール

コゼル プレミアム

ビール紹介第110回、今回もコゼルから、淡色の「コゼル プレミアム」のご紹介といきましょう。
勝手にチェコビールまつりの続きです)
黒ヤギが巨大なジョッキを抱えているというラベルデザインがなかなか秀逸です。


b0045135_1742793.jpg
早速飲んでみました。
(←チェコということでバドバーのジョッキで。)

香りを嗅いでみると軽いホップ香(華やかさプンプンという訳ではないような。)に甘いモルトの風味が漂います。やはりモルトをより感じさせるのはチェコ産非ピルスナーならではなのかなぁ、と勝手に解釈。。



口に含むと平均的な苦味を感じさせるのはもちろん、甘さも十分感じられるのが特徴的です。結構モルティな印象です。後味は最初こそ苦味が残るものの、飲み続けるうちに甘さに変わってきます。

さらに鼻に抜ける香りがなんとも表現の難しい、しかしガンブリヌスなど他のチェコビールにも共通するような、「チェコビールでたまに感じる香り」が漂うんだけど、ほんと表現に困るところ。



総じて言うと、味わいはあるけれども重たくない(&軽すぎない)ビールです。
暑い季節に淡色のラガーをガブガブ飲みたくなることもよくありますが、こういうおいしいビールを日常的に飲めたら幸せですね~。
チェコの人々がうらやましい限りです。



・価格(参考):¥750+α
・アルコール度数:約4.8%
・内容量:500ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(★4つに近いが、そこまでの感動がありませんでした)
[PR]
by 237takeshi | 2005-09-19 17:17 | チェコのビール
さて、ビール紹介第109回です。

今回はコゼル(Kozel)のダークです。
(すっかり忘れていた勝手にチェコビールまつり、後編です。)


b0045135_216730.jpg色はとても濃い褐色です。
香りはカラメル香がまずふっと香り、後からはロースト香、さらに甘い香りがプンプンします。

飲んでみると苦味、酸味は控えめ、さらにボディもライトですが甘さのみが突出しています。



←そういえばグラスはクルショヴィツェのもので。クルショヴィツェは愛知の万博でも飲めるらしいですよ。



甘さが強調されて(甘味料添加)非常に飲みやすく仕上がっていますが、逆に飲みやす過ぎな気がするくらいです。バランスって大事だと思いました。



・価格(参考):¥800+α
・アルコール度数:約3.8%
・内容量:500ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★☆☆☆(5点満点)
(飲みやすいのは魅力だがバランスを失している感も)
[PR]
by 237takeshi | 2005-09-13 21:10 | チェコのビール
b0045135_20214465.jpg◆ビール紹介第104回です。(勝手にチェコビールまつり

スタロプラメンのダークが残っていますので、今回ご紹介しておきます。

スタロプラメンは前々回、前回と今回と計3回ご紹介しましたから、この3回でチェコに多いというスタイルをちょうどご紹介した格好になりますね。

ちなみにチェコビールのダークはミュンヒナー(ドゥンケル)の系統であると言われます。


◆飲んでみました
色は濃褐色なのですが、所謂ドゥンケルよりももう一段濃い色をしているようにも思います。このあたり、チェコのダークラガーはドゥンケルとシュバルツの中間に位置するという見解を持つ人がいますが、なるほどなぁと思えるくらいです。

香りはカラメル香がメインで、ロースト香はその陰に隠れつつも主張してくるほどです。
口に含むと甘さは控えめで、適度な酸味が心地よいです。割合ボディは軽めで、スッキリしています。後味にはじわじわとした苦味だけでなく軽い酸味が持続します。


◆最後に
スタロプラメンの他のスタイルではモルティさが目立っていましたが、ダークについては想像よりもモルト感は抑えめな一般的なダークラガーに仕上がっていました。



・価格(参考):¥630+α
・アルコール度数:約4.4%
・内容量:330ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)
(高いレベルでバランス取れているが標準的過ぎるか)
[PR]
by 237takeshi | 2005-08-06 20:27 | チェコのビール
b0045135_22131386.jpg◆ビール紹介第103回です。(勝手にチェコビールまつり

今回も引き続き、チェコからスタロプラメン グラナート(Staropramen Granat)をご紹介です。

チェコのラガーは淡色、セミダーク、ダークの3種類が一般的ですが、今回のビールはセミダークに該当します。




◆飲んでみました
色は淡褐色で、泡もちはそこまで良くもなく普通です。
香りはまずチョコレートを思わせる香りが印象的ですが、軽くローストされたモルトの甘いような風味に心地よく包まれる感じがします。香りは最高です。

口に含むと、甘みと苦味は思ったよりも控えめなのがわかりますが、思ったよりもボディがしっかりしています。後味に丸み、甘みがあるのもチェコビールらしくて良いです。

スタイルの割にしっかりと味わいのあるビールでした。


◆最後に
チェコのラガーはドイツのラガーと同じようでやはり違う、その独特の素晴らしさを改めて感じた一杯でした。



・価格(参考):¥630+α
・アルコール度数:約4.8%
・内容量:330ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★★(5点満点)
(出し渋りすぎたので思い切って)
[PR]
by 237takeshi | 2005-08-04 22:20 | チェコのビール
b0045135_22261127.jpg◆ビール紹介第102回です。(勝手にチェコビールまつり

今回はチェコのスタロプラメン プレミアムです。
実は私の人生初チェコビールはこのビールでした。随分と久しぶりの再会です。

スタイルとしては厳密には(チェコでは)ピルスナーではないのですが、一般的にはいわゆるボヘミアンピルスナーに括られていますね。

オリジナルグラスは以前から持っていましたが、念願叶ってようやく使うことが出来ました。うれしい~♪


◆飲んでみました
見た目はよくありそうなピルスナースタイルの黄金色よりも、若干黄味がかっています。
香りは、ウルケルには負けますがチェコビール独特のホップ香のアロマが華やかです。そしてホップ香に負けないモルトの風味も特徴的です。

口に含むと、まずそこそこの甘みを感じるのですが、次に来る苦味がそれほど強くないのがわかります。さらにはボディがこのスタイルのビールの割にはしっかりしていて、モルティさを感じることが出来ます。

後味にもじわじわとした苦さはありますが、次第に甘さ、丸さが目立つくらいになってきます。味わいがありつつもまろやかで飲みやすい、特徴がよく現れたビールでした。


◆最後に
ここで細かい豆知識ですが、西ボヘミアのピルスナーに比べ、中央~南ボヘミアの淡色ラガー(敢えてピルスナーとは呼ばないでおきましょう)はモルト風味が出てまろやかだと言われます。

バドバーを飲んでもその違いはわかりますが、今回スタロプラメンを飲んだ際には「そうだよ!こういうことなんだよ!」と独りで吼えてしまう程でした。
スタロプラメンおそるべし。



・価格(参考):¥630+α
・アルコール度数:約5.0%
・内容量:330ml
・輸入者:プシトロス
私の好み度:★★★★☆(5点満点)
(5点に限りなく近い!)
[PR]
by 237takeshi | 2005-08-02 22:37 | チェコのビール

バドバーを飲みました

b0045135_1442590.jpgビール紹介第38回です。

今回はチェコのバドバーをご紹介します。
チェコ語風には「ブジェヨヴィツェ・ブドヴァル」と呼ばれるらしいです。なかなか覚えづらい発音です。。


このビールがアンホイザー・ブッシュ(バドワイザーの会社)と商標の件で揉めた話はあまりにも有名ですね。

グラスがありました→


◆飲んでみました
まず、色は淡色ラガーによくありそうな黄金色です。標準的ですね。ウルケルあたりと比べれば、黄色が強いようにも思います。

香りはチェコビール特有の上品なホップ香が印象的ですが、そこまで鮮烈なものではありません。

口に含むと、ほんのりソルティさを感じさせつつ苦味がじわじわやって来ます。この苦味はそこまで強くありません。ボディはわりとしっかりしていて、モルトっぽさが味わえます。
後味はじわ苦が次第に甘み・丸みに変わってきます。この点はウルケルにも似ています。


◆最後に
同時に飲み比べたわけではないのですが、ウルケルと比較すると、
バドバーのほうがもう少しモルティ&まろやかで、
ウルケルは丸みもありつつも苦味がもっとハッキリとしている・・・と言えるように思います。

同じチェコ産淡色ラガーでも、こちらのほうが苦味がやさしい分、若干飲みやすいように思われます。



・価格(参考):¥300
・アルコール度数:約5%
・内容量:330ml
・輸入者:アイコン
私の好み度:★★★☆☆(5点満点)


※本記事は2005年7月に書き直しました。
[PR]
by 237takeshi | 2004-12-16 11:09 | チェコのビール